2004年12月23日   少雪の八方ーこんな八方初めてです。

今日八方へ行ったががっくりしてしまった。

 まったく雪がなく、不運のスキー場となってしまった。

朝9時に到着したが、風が強く、ゴンドラが動かなくて10時過ぎまで待たされた。
 待っていた人の一部は、よそへ行ってしまった。

狭いゲレンデ(200mくらいの緩斜面)で数十人が滑っているので、そんなに
混雑はないが、かちかちバーンで面白くないし、下部はブッシュがでていて引っかかるので、さっさと帰った。
 
唯一、八方に来て良かったのは、

 1本杖テレマーカー 原田さんにお会いできたことです。


 1本杖原田さんの滑り1本目

1本杖原田さんの滑り2本目

9時にゴンドラ 前に行ったが、駐車場もやっていないし、車が居ない。ゴンドラも動いてないので、どうしたのかと思い。ゴンドラ乗り場まで行ってみると数十人の人が待っている。雪がないけど強風だそうです。
 サンタが飲み物を配っていた。

言葉も出ません、リーゼン上部まで雪がまったくありません。パノラマも芝だらけです。

兎平について、ようやく雪があった。でも、兎ブッシュがあって降りれそうもありません。兎ペアに乗って黒菱緩斜面に滑り込んで、ようやく雪の斜面である。

原田さんが109の500マイルに知り合いがいるというので、一旦黒菱ペアを登って、グラート下まで行った。しかし、降りれそうなコースは、リフト下のみで、ここも雪が少ないです。標高1800m地点でこれですから、八方jは特に少雪といえます。

上から黒菱緩斜面を見ても、人も少ないし、短いバーンで八方に来た感じはしません。

500マイルに行くと、お店の準備をしてました。原田さんが格安の板があるというので、見せてもらうと、Elanチタン板3種類で、80,100,120という番号のカービング板でした。持ってけ価格で売ってくれるというので板欲しい人1万以下で買えますので、行ってみてください。
 500マイルもテレマークのレンタルとクリニックもやってくれるそうです。

昼過ぎに石松は、降りることにした。

 八方は、しばらくだめかなという感じでした。

黒菱のこぶこぶ斜面は、こんな藪の上にあったということは知りませんでした。

兎もブッシュだらけ降りれません。